読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロバの耳☆

たまに書きたいことをだらだらと書く。

第一回宝石の煌めき日本選手権備忘録(優勝したよ!)

 

 お疲れ様です。とにざぶろうです。

 

 今しか書けないことは今書かないと後悔するので書いておきます。

 とっても簡単に、第一回宝石の煌めき日本選手権の記録。すでにあんまり覚えていないですが。一緒にプレイした方で間違っているところ見つけた方いましたら指摘いただけるとありがたいです。とりあえず勘で書きます。

 あ、以前書いた宝石の煌めき初心者向け攻略記事はこちらになります(宣伝)。

 

 大会はオール三人戦。五回戦のスイスドローを行い、その結果、上位三名が決勝戦へ進出、というものでした。参加者は45名だったので最低三回は一位取らないと無理です。マジ厳しい。……最近の宝石の煌めき人気を考えると、定員48名が埋まりきるかと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。何故だ。

 なお、大会前、私は友人の他末さんとまめしばさんの三人で「三人で決勝戦やろうね!」と誓い合っていました。ただ、内心「無理だろ」と思っていました。先週この三人で9回くらいプレイして自分1回しか勝てなかったですからね。はい。

 

 一回戦

 たしか三番手。一番手の方(Mさんとします)がかなりゲームをやりこんでいて、二番手の方がほぼ初心者とのことでした。展開としては、私とMさんが青・緑の奪い合い、二番手の方が我が道進み赤・黒ルート、という感じでした。Mさんが序盤からばんばん確保する方で怖かったのですが、上手いことトークン握りつつ進めて勝てました。序盤から確保は手が遅れるんですよね。一位。やった。

 あと他末さんとまめしばさんがあたって他末さんが勝ってました。

 

 二回戦

 たしか三番手。……あれ、どんなゲームだったが全然覚えてないな。普通に勝てた気がします。一位。なんか、貴族取った記憶があるような……?

 

 三回戦

 たしか三番手。私と同じく二連続一位の他末さんとあたりました。一番手の方(Iさんとします)が昨日初めて宝石の煌めきプレイしたという方で「これいけんじゃね?」と思っていたら普通に負けました。他末さんと二人仲良く二位です。発展カードの枚数まで同じでした。Iさんは超ゴリラ戦法な方で、一手目から青6の3点を確保。ずっと青たまに緑・白。という感じで獲得していました。いや、Iさんの手番になったタイミングで上手い具合に高得点の青がめくれるんですよね。そんでそれを全て即確保されるという。運で負けた勘が若干ありはするのですが、まぁでも普通にプレイング上手かったです。運で負けたくないなら場を動かすなよ、という話もありますし。場を動かしていたのは私です。ばーかばーか!!

 

 四回戦

 たしか二番手。着々と上がってきたまめしばさんとあたりました。私とまめしばさんががん被りで青・緑対決(だったような)。もう一人の方が我が道進み赤・黒方面へ。場は青・緑優勢でしたし、あんまりもう一人の方の進みが良くなかったので(失礼ですが)、ターゲットをまめしばさんに絞ってプレイ。彼の狙いがわかったタイミングで全部先に確保するというせこいプレイをしていました。まぁ、場が青・緑優勢な中、青・緑をがんがん集めていたので勝利。一位。

 

 五回戦

 たしか二番手。一番卓です。気持ちいー!相手は一回戦であたったMさんと三回戦であたったIさん。二人とも確保タイプこちらも負けじと確保で応戦。とはいえ、そこそこトークンは取ってましたが。二人とも序盤から確保してるとトークンが余って楽なんですよね。中段列とかで買いたいものが買える。で、うまい具合に妨害と勝利点獲得が噛み合い、かなりのスピードで勝負を終わらせることができました。わーい。一位。これで予選終了。一位→一位→二位→一位→一位で、予選一位通過です。うっひょー!

 

 決勝戦

 三番手。おい一回も一番手とれなかったぞふざけるな!相手は一度も対戦したことのない方、お二人でした。五回戦よりはいくらか遅めでしたが、やはりお二人とも早いうちに確保を開始。早期にゲームが終わるだろうことは予想されたので貴族を諦め、しかし場に色の偏りもさほどなかったものですから、とりあえず序盤は、盤面に見えている高得点カードの一部にまとを絞り宝石を集めていました。リソースコントロールに励み、他の二人がトークン取得で損をするよう動いたりなどのせこさも発揮。しかし下段列が圧倒的に割に合わない商品ばかり。場を動かしては新たに現れたお買い得商品が掠め取られる可能性があったものですから、中段以上の発展カードを購入しごり押ししていくことにしようと心に決めました。とはいえ、他の二人はがんがん下段を取得していきます。その間にこちらはごり押しして中段以上のカードを取得。どっちが早いかゲームでした。それで先行して9点まではこちらもいけたのですが、その辺りで他の二人が追いついてきました。取得している発展カードは圧倒的に向こうの方が多いので普通にやったら負けます。ならばどうするかというとそうです確保祭です。三回ほどの妨害を実施。それで獲得した金宝石を使ってごり押し。その間にも向こうは貴族獲得を連発していて焦りましたが、なんとか間に合って5点カードを取得。最後は運良く現れた2点カードを獲得して締めました(他に1点カードを確保していたのでそれでも勝てました)。やったー!

 

 というわけで優勝しました。twitterで想像を遥かに超えた数のリプライをいただいてとても嬉しいです。本当にありがとうございます。まぁ正直な話、これは本番に強いという私の性格が影響しているだけで、普段から宝石の煌めき強いかって言われるとまぁぼこぼこにされるかと思うのでみなさまその辺り、その。ただ、しばらく日本チャンプとしてドヤります。

 優勝賞品は宝石鉱物サンプルと宝石の煌めきプレイマットの二つでした。前者、調べてみたら5000円とかするんですね……そりゃそうか……自分ではほぼ確実に買わないだろうものですが嬉しいです。後者、会場で買おうかどうか迷ってギリギリ買うのやめたのですが正解でした。

 いや、それにしても楽しかったですね。普段と違う相手と対戦できたので、学びがたくさんありました。特にゴリラ戦法(序盤に目的のカードを確保、ひたすら同じ色ばかり購入する戦法)の是非について。やっぱゴリラ戦法ってのは状況によるものですね。他のメンバーの行動と盤面次第で、ゴリラしてれば勝てたり、逆にゴリラしてるとボロ負けしたりします。そこもちゃんと考えなきゃいけないんだなあ。宝石の煌めきには力だけでなく知性も必要なんですよ!

 はい。以上です。

 来年も第二回宝石の煌めき選手権が開催されることを期待しています。たぶん出ます。

 本日はお疲れ様でした!

 

 それではまた。