読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロバの耳☆

たまに書きたいことをだらだらと書く。

第7回ミスボド行ってきた。

 

 とにざぶろうです。

 もう昨日のことですが、秋山さん主催の第7回ミスボドへ参加してきたのでレポ書きます。あんまりプレイしたゲーム覚えてないですけど、とにかく書きます。

 

 埼玉から蒲田は遠いょ……というわけで開始から30分後、10:30に会場着。

 まだ参加者は少なめで一安心。遅刻したのは僕だけじゃなかった!

 

・雄牛とロバ

 初プレイ。大富豪のようなゲームで、大きな違いは、カードプレイが、全員がパスするまで続くわけでなく、一巡しかしないこと。一人手札のなくなったプレイヤーが現れた段階でラウンドが終了となり、その時点の持ち札がそのままマイナスポイントとなること。『ロバ』という特殊カードが存在すること。くらいですか。

 ……ロバねー。こいつが出された瞬間、全プレイヤーは一枚カードをプレイし、一番大きな数字を出した人がそれらカードを全部獲得する事になるんですよね。普通は大きな数字を出した奴の勝ちになるんだから、真逆ってこと。これのおかげで一番小さな数字はキープしておかなければならなくてめんどい。それがゲーム性を生むわけですが。

 や、面白かったです。大富豪じゃなくてたまには『雄牛とロバ』もね! という立ち位置だとは思う。

 このゲーム終わったら参加者が異様なほど増えててびっくりしました。

 

・アベカエサル

f:id:tonizaburou:20121013112626j:plain

 続けて初プレイ。各自1~6までの数字カードで構成されたデッキを使ってレースを行います。同じマス目には一人しか居座れず飛び越えての移動は不可。これにより発生する足止め行為を駆使して勝利を目指すゲームです。

 ただ、各自の手札は常に三枚……うまいことちょうど良い数字のカードが引ければ良いんですが、そんなわけもなく。

 辛いゲームだ。ビリッチョ!

 でもこのゲームかなり面白かった。なにより30分程度で終わる長さなのが良い。機会があればもう一度プレイしてみたいですね。

 

アクワイア

f:id:tonizaburou:20121013122732j:plain

 これも初プレイ。古典も古典、アクワイア。重いガチゲーと聞いていたので敬遠していたのですが、しかしプレイしてみれば一時間ちょいで終わりました。ちょーかるーい。でも内容ぜんぜん軽くねえ。

 正直ルール説明聞いても何をすれば良いのやら全くわからず、なんか適当にプレイしてたら終わりました。何故か二位。

 ただ、終了後、よくよく考えてみれば、取るべき手というのが理解できるようになってきました。まぁ、なんというか、どの会社が生き残る会社なのかを判断し、序盤の小遣い稼ぎ株と終了時の儲け分持ち株を上手いこと運用するゲームなのかな。

 よくわからないなりに面白かったので、次回はもっと面白いはず。もう三回くらいプレイしたいです。

 

・ブラフ

f:id:tonizaburou:20121013132949j:plain

 いやー、ブラフは面白いなぁあ!

 何回プレイしたっけ。二回かな。二回だ。結果から言えば三位と一位でした。

 やっぱあれですねー。冒険なんてしちゃ駄目ですねこのゲーム。あと振り直しマジ重要。迷ったらとりあえず振り直ししとくべき。

 という安定思考は置いておき、ブラフというからにはブラフもかけたい。

 終盤を生き残るために、序盤からそこそこブラフかけて、『嘘をつく』という行為に慣れておく事が重要なのかな、と思いましたね。自分一個も1出てないのに「1が11個!」とか。そんなもんならリスク低いですし。終盤はガチブラフゲーになりますから。

 そういえば最近ようやく相手の数字が把握できるようになってきました。たまに間違えますけど。終盤は相手もブラフかけてるので、「こういう宣言をしたという事はこういうブラフをかけてきてるんだな、つまり手持ちは〇〇」みたいな感じで。あぁ楽しい。ブラフスイスドローしたい。

 一度目のプレイで、六人中半分脱落した段階で残り三人が全員サイコロ五個残ってたのには戦慄しました。

 

・スタンプス

 スタンプス(モダンアート)で負けるわけないよね……。

 二晩オールモダンアートの経験は伊達じゃありません。二回やって二回とも一位。すいません。

 ただ、いつもやってる(最近やってねえな)廃人面子とは相場や考え方が全然違っていて凄く面白かったです。どうすれば上手いこと売れるか考える考える。

 二戦目のラストで100$で購入したダブル切手を12000$に化かせたのは楽しかったです。うめえ!

 

・RRR

f:id:tonizaburou:20121013175144j:plain

 初プレイ。ちょっと気になってた二人用ゲーム。

 順番にカードを出していって、場が全て表向きのカードで埋まったらラウンド終了。その時点で正位置の多いプレイヤーの勝ちです。超簡単。ただカードにはそれぞれ特殊能力があり、それによってカードの向きや盤上が変わる変わる。

 特殊能力の数もむっちゃ多い。どうすれば良いのか全然わかんねー。

 そこそこ面白くはありましたが、このゲームは全ての特殊能力を把握してからが始まりなのかな、とは感じました。

 

ワードバスケット

 空き時間埋めに定番ゲーをぐだぐだと。

 慣れてる人には絶対勝てねえww

 何であんなに早いんでしょう。怖いですね。数こなしてどれだけ単語のストックを頭の中に持てるかがポイントなのでしょう。『る』とか『ね』始まりの言葉、そんなに思いつかないよぅ……。

 「上手い人は手札枚数を増やしても意味がない、4文字以上の単語縛りにした方が良い」というのを聞いて成る程と思いました。

 

・髑髏と薔薇

 僕はブラフゲー好きすぎる。

 ちょう楽しい。このゲームで序盤に薔薇出す人はちょっとおかしいと思う(迫真)。

 手札一枚が三名出た(僕もその一人☆)のに脱落者が現れないのは皆さんさすがと言う他ありません。

 一度は成功したものの、先んじて上がられてしまいました。くやしい。

 

人狼

 最後はやっぱり人狼だよね!!うん!

 二回プレイ。まずは一回目から書きますね。途中記憶が違ってたらすみません。

 構成は占霊狩共共狂狼3村人7の16人村。僕は狂人です。嬉しー!!

 初日。「はいはい僕占い師です!!あのよく喋るさかもとって人、白でした!! 対抗占い師は狂人だと思います!」というテンプレ台詞で名乗り(言ってない)。共有が一人出る、霊能は潜伏という展開。ぶっちゃけ霊能者潜伏は狼の得にしかならないと思うんですけどね。表でも占い師という立場上そう発言したんですけど、やはり霊能潜伏という空気は変わらず。うめえうめえ。とりあえず適当にグレー吊り。

 二日目。僕の占い先が喰われます。おほー、こりゃ良いぜ! 対抗占い師は何故か僕を占ってきてて黒い感じなのもとても喜ばしいです。僕は昨日と同じ理由でよく喋るBakafireさんに白出し。下手に黒出ししたら反撃されそうな相手は序盤で白出しして味方に付けておかないと怖いですからね。はい。あ、まだ霊能者は出てきてませんでした。早く出した方が良いのではないでしょうか。で、吊りは麻由さん。結構喋る方でしたので何であんなに票が集まったのかわからないのですが、んー、直前に村の流れに反する発言をしたからでしょうか。怖い村だ。

 三日目。GJ発生。うわあああああ! 吊り手が増えました。さらに対抗占い師が黒出し。やばいですピンチです。当日の吊り先はそこで決定として、とりあえず僕は白出し。相手はなんか狼臭かった寡黙の方(最後確認したらやっぱ狼でした)。そろそろよく喋る方(さきさん)に黒出しておきたいというのはあったのですが、共有者曰く「まだ共有者は生きている」との事だったので、仕方なく。まぁ前日に「寡黙占え」という指示があったというのもありますが。うーんどうしよう。これで霊能者が「黒」っつって出てきたらマジ終わる。

 四日目。続けてGJ発生\(^o^)/。うける。あーやばいよやばいよー。対抗占い師は、僕が白出ししたBakafireさんに白だし。Bakafireさん白確。僕はといえばですねー、僕はさきさんに黒出しです。というのもですね、共有者が前日の終盤に「まぁ。さきさんが共有の片割れなわけはないですよ」とか漏らしてたんですよねwwぷげらwwじゃあ黒出ししますあざす!!てもんですよ。いやマジで狼だったらやばかったんですが、発言が白かったので……。で、霊能結果はといえば……やったー!霊能不在!死んでるぅううう!!霊能は麻由さんだったようです!やったー!つうわけで風向きが変わってきました。うひゃひゃ。さあ占い師判定のバランスを取って今日はさきさんを吊ろう!というわけでさきさん吊り。何故か投票でランダムになったのには驚きました。何故さきさんに入れないんだ……!

 五日目。ようやく喰いが発生。グレーの天さんが喰われる。……あ、さきさんが狩人だったようです。やったね!しかし対抗占い師がまたもカッチャマンさんに黒出し……っ! やめてくださいよちょっと!とりあえず吊りはそこで決定。うーん。ちょっとやばめ。とはいえ、僕に出来る事といえば精一杯白い発言をする事しかない。共有が僕を偽に見ているのには参りました。白確のBakafireさんには真に見られていたので、まぁ良かったのですが。

 六日目。対抗占い師が喰われる。おおっしゃー!!ようやく死んでくれた!!ただ僕の偽疑惑は濃くなったかな。うん。とはいえ、偽確定という程でもない。まだまだ真の目はある。村の僕への印象はちょい偽よりでほぼ五分五分といったところ。おkおk。じゃあ黒出しするわ!勘で。手羽先さんに黒出し。狼や共有だったらやばかったけど、まぁ、そこで怖じ気づいてたら負けますよね。ただの村人だったようでほっとしました。なーのーに、共有の「さいさんが怪しい」という鶴の一声で、吊りは寡黙のさいさんに。何故よ。

 七日目。グレーが喰われる。狼残り一匹でやばいんだから、欲を言えば共有か白確喰って欲しかったです。まぁともかくこれで残りは六名。狂人、狼、共有、白確村人、僕からの片白村人、僕からの黒出し村人。うひゃひゃ、議論は起こりましたが、さすがに僕の黒出し、手羽先さんが吊れます。良かった……。というわけで勝負はもつれ込み、最終日へ。

 八日目。僕視点のラストウルフだった手羽先さんが死亡したのにゲームが終わらない!はい僕偽確定!お疲れさんした!!残りは四人。狼。村人。共有。狂人。普通に考えたら狼側超有利。だのにね……今回の人狼には村長制度がありまして……村長の共有者さんの票が通常の二倍になるんですよね……。ランダムに持ち込めねえ!全ては共有者に委ねられた!!僕はリアル狂人と成り果てて全力で議論を阻害します!!

 ――結局、共有者の手により真の狼が吊られ村には平和が訪れました。

 GJ二連続発生したり黒二本宣言されたりもしたけど、よく頑張った方だと思います私。最終日に狂人で残るの楽しすぎわらた。というか狼仕事しろ!!

 人狼二回目は二分人狼でぼく村人。すぐ喰われちゃったので特に言う事はないです。ちなみに村勝ちました。やった。

 

 はい。以上!

 ミスボド楽しかったですマジ。お金が600円足りなくて二次会に参加できなかったのが悔やまれる。

 来月のミスボドは何の因果か、僕の誕生日に開催されるようです。まだ行けるのかどうかわかりませんが、というか何か僕の誕生日イベント開催してくれる素敵な方はどっかにいないかなとか思ってますが、よく考えてみればミスボドを僕の誕生日イベントと脳内で設定すれば良いだけのことでした。行けたら行きます。あ、僕が参加すれば誕生日料金で二次会がお安くなるのでは!!

 自意識過剰で気持ち悪い文章ですね。死にます。

 

 ではまた来週!