読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロバの耳☆

たまに書きたいことをだらだらと書く。

『僕らはみんな河合荘』の話 ~河合律せかいでいちばんかわいいよ~

 

 『僕らはみんな河合荘』3巻読んだら神漫画すぎて死にたくなったので書きます。

 未読の方はとりあえずポチりましょう。あなたは未だ本当の『萌え』を知らない。ていうか待っている時間が煩わしいので今すぐ書店へ行ってきた方が良いです。はい。  

僕らはみんな河合荘 3 (ヤングキングコミックス)

僕らはみんな河合荘 3 (ヤングキングコミックス)

 

 とりあえず内容を説明しておきますと、初めての一人暮らしに胸躍らせる童貞高校生が引っ越した先は変人ばかりが棲まう河合荘。ドM・酒乱・小悪魔・本の虫・絶対神の五重苦。かと思いきや、はいここ、ドM・酒乱・小悪魔・本の・絶対神、ここ注目。これが圧倒的天使力を誇る一つ年上の女子高生管理人、河合律。あまりの神々しさに一目惚れと相成ったMr.童貞は変人の相手をしながら恋心を募らせる(募らせるだけ)のでした。

 

 世間の感想は、とりあえずこの辺りでも参照下さい。先輩の恐ろしい程の愛らしさも垣間見る事ができます。

 はい、それはさておき。

 ぶっちゃけこれはラブコメと謳われていますが、ラブコメの枠から少し外れた枠の作品です。なんせ恋の進展がない、上にいちゃいちゃもないし、ただただ河合律が可愛すぎて可愛すぎて童貞が恋心を激しくしていくという内容。が四割。そして二割が他キャラの掘り下げ。残る四割は下ネタで構成されています。これはひどい。いやちゃんと一話完結のストーリーはありますが(しかもよくできてる)。

 しかしですね、ストーリーはそれ自体を楽しむもんじゃないんですよ。全部、律先輩がいかに可愛いかを描くための材料でしかないんですよ。

 基本的な流れというのは、主人公が頑張る→律先輩が同情する→主人公がきゅんきゅんする。というパターン。そこに、周りのクズ共による下い茶化しが入るわけですね。この流れに大きな違いはありません。キャラごとのクローズアップ回の場合は違った形になりますが、そこはそれ。メインストーリーではないのでここは置いておきます。

 このねー、主人公の心象描写というのが素晴らしくてですね、まんま童貞の心の代弁なんですよね。実際に律先輩がどれだけ可愛いかというのは別として、主人公がきゅんきゅんきゅんきゅんするもんだからこっちまで可愛く思えてくる。いや無茶苦茶可愛いんですけどね。でもそれを後押ししてバーストかけてくれるのがこの童貞マインドなんですよ。感情移入が武器の童貞ラブコメはやはりこうでなくちゃいけませんね。世のラブコメ群は彼を見習って下さい。

 で、さらに凄いのが、これでもかと下ネタをまき散らすドM・酒乱・小悪魔の三人衆ですよ。実際、童貞ラブコメといっても、その童貞ぶりに読者は一歩引いてしまっても無理はないわけです。「え。何言ってんのこいつきめえ。ないわないない。そこまで可愛くはないわー」みたいな感情を抱いてしまうわけですよ。突っ込みを入れたくなるわけです。ギャグマンガならまだしも、主人公に共感を抱かなければならないというのに、これは致命的。ほんの少しでも引いてしまっては駄目なんです。律先輩が生み出す天上世界に没入しなくてはならんのですよ。

 そのために必要なのが、そう、下ネタです。彼らは僕らの代わりに童貞へ突っ込みを入れてくれているんです。「童貞乙ですww」とか実際に台詞にして言いますからね。彼らがいるから僕らは主人公の側に回る事ができる。律先輩との愛に生きる事ができるのです。いわば彼女らの下ネタこそが恋の障害なわけですね。恋愛成就の踏み台となれー!

 律先輩。ああ律先輩。律先輩の何が可愛いって、まずはその圧倒的キャラ付けですよね。コミュ障・ツンデレ・無口・表情豊か・純情。これだけで三週間くらい生きられるね! で、かつクールビューティーな容姿ですよ。ご存じの通り、この世に黒髪ショートに勝るものはボブカットセミロングくらいしかないわけですが。律先輩の髪型思い出して。黒髪ショートですよね。はい。んでもってあれ、そう、おっぱいですよ!!!隣にエベレスト(酒乱)があるせいで富士山(先輩!)が目立たなくなっているのはどうかと思うんです。どうかと思うんですよ。見せ方がいちいち上手いせいもありますが、2巻の煽りおっぱいなんかは最高でしたね。

 あ、あと上述しましたが、律先輩、表情豊かにも程がある。クールキャラとは思えぬ変わりよう。恥じらい顔だけで何種類持ってるんだろう……やばい……。こんだけころころ顔変えられるとそりゃあ見てて飽きませんよね。宮原るりの画力あってこそですが、いやー素晴らしいですね!!

 しかし律先輩の可愛さにも弊害があるわけです。そう、死にたくなるっていうね。

 童貞ラブコメというのは青春時代のもやもやした感情をそのまま見せている物なので過去を思い出して死にたくなるわけです。で、未来永劫この現実はやってこないのだと気づき、もう一度死にたくなる。死んで全部やり直したくなる。律先輩が可愛すぎて青春が美化され美化され、死への欲望が強くなるわけですよ。絶望がつのります。

 というわけで、手っ取り早く絶望したい方は、『僕らはみんな河合荘』を読みましょう。自らの過去と未来に、そして河合律の地獄級の可憐さに絶望するのだ。

 ていうかもっと広まって同人が増えてくれると僕がありがたいです。

 よろしくお願いします!

 

 以上!! ではまた来週!!