読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロバの耳☆

たまに書きたいことをだらだらと書く。

自分の気に入らないものを攻撃するはなし

※毒を吐いているので注意。無理そうならすぐにバックしていただければ。

 

 はい。

 毒は吐ける時に吐かないといつまでも自分の中にしこりが残ったまんまになるので書いておく。何に対する返答記事でもない。いろいろあって、ぼーっと感じていたことを書く。

 前提として、自分のことは全て棚に上げる。つうか本題から外れるが「だったらお前できんのかよ」という返しはマジでクソだと思う。クソかつマジックワード。

 さて、俺がブログを始めるにあたって理想にしていたのは「色んな考えをぶつけ合わせて物事を昇華させたい」ってことだった。このぶつけ合わせるってのは、他者を攻撃することとは別だ。つまり、なんだ、議論の輪に参加できる人間になりたかった。ブログは関係ないかもしれない。まぁともかく、まともな思考のできる人間になりたかった。

 で、ブログを続けていて思った。大したことを書いてきたわけじゃないが、漫画の感想やら映画の感想やら日記やら日々ぼんやりと思ったことを書き連ねていただけだが、でも思った。どうも、他人のブログに干渉しようなんて思う人間の大部分は、俺の理想としてるような考え方をしてないらしい。自分と同じ感性と考え方を持った人間には同調して、自分と違う感性と考え方を持った人間は攻撃して、どうもそんだけらしい。ようは自分が気持ち良くなりたいわけだ。その気持ちはすげえよくわかる。特に前者はみんなやってることだろうし。でもさ、そもそも俺はそういうやり取りから抜け出したかったわけだよね。ていうか後者なんかは本当にくだらないじゃん。「自分と違う考え方をしているからといって攻撃してはいけません、議論をすることによって自分を高めるのです」みたいな話をさ、学校で習わなかったのかな。まさにそういう話をしたいんだけども。

 いやまぁ、俺のような奴には、同調&攻撃タイプの人間しか干渉してこないだけなのかもしれないけど。俺unkだしな。まともな所にはまともな人間が集まってるのかなはい自虐ストップ。

 ともかく、「同調&攻撃なんて反射的な行動はやめて、もうちょいものを考えて発言しようぜ」と思う。例えば、例えばさ、冷蔵庫に入った写真をうpしたりとかさ、ああいうのを叩くのはどうかと思うよね。関係ないんだから放っておけば良いじゃん。『冷蔵庫に入って写真うpする』を行った場合に下がる評価を100だとすると、『冷蔵庫に入って写真うpした奴を叩く』を行った場合に下がる評価は500だよ。

 話ずれたな。そっちはどっちかっていうと偽善やら正義感の履き違えなのかな。もっとひどいか。「叩いて良いもん見つけたから気持ちよくなっとけー!」かな。気持ち悪い。ちょっと個人的嫌悪感が強いからひどい目線で見過ぎちゃってるのかもしれない。

 みたいな話をね。したかったわけですよ。そしてそれに反論する人間がいて、どこをどう突くのかみたいなね、議論に発展するわけでしょ。話題はさほど選ばないから、くだらん議論がしたいんだな。攻撃し合いたいわけじゃないんだな。でも現実問題、そうはならないよね。俺の周りだけなのかな。どうなのかな。

 でもさ、よくよく考えてみてもさ、twitterの有名人アカウントとか見てると、やたらと発言の穴突くような人間に攻撃されててさ(実際のところ穴でもなんでもないのにに)。随分と同調&攻撃タイプに行動を邪魔されてるなあと思う。やりたいことがあるのに、本当に関係ないところで邪魔されてる。いや、同調は味方にもなるけどね。

 しかし、そういう人間に邪魔されて、「色んな考えをぶつけ合わせて物事を昇華させたい」みたいな目的が達成されないという現象が、そこら中で起こりまくってるんだとすれば、そりゃクソみたいな世の中だなあと思う。クソだよほんと。

 や、とりあえず、もっと勉強しなきゃなあ。