読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロバの耳☆

たまに書きたいことをだらだらと書く。

とにざぶろう夏休み日記 8/17『8日目・酒盛り』

 

 またもや起床即艦これ。ついにE1をクリア。これまで失敗続きだった原因は陣形のせいだった。陣形を単縦から単横に変更したら与ダメージが七倍ほどに跳ね上がった。ボス一撃じゃん。あらあら……。

 しかしまぁとはいえ、やる事やる必要はあるので、すぐにやめ。脳内プロット作成を進めつつ、買い物・洗濯など終わらせる。

 14:30。今度は会社の課題。ざっと見積もって計10時間ほどの作業。3時間で1/3ほど進める。

 17:30。前々から、土曜には友人TとA(浜松でポーカーをプレイしたAと同一人物)と共に我が家で酒を飲む予定になっていたのだが、その彼らが到着した。初っぱなからどうしてだか異様にテンションが高い。聞いてみると朝10:00からずっと飲み歩いていたらしい。まだ飲むのか。しかもキャンプ用の簡易ベッドまで持ち込んでいる辺り完全に朝まで飲むつもりだ。俺は会社の課題とプロットを諦める決意をした。

 ケンタッキーやタイカレーをつまみに秋鹿を飲んでいると、「日本酒新しいの空けたいけど、一升瓶三人じゃきつくね?」という話になった。もう一人酒飲みが必要である。酒飲みといったらYだ。そういう話になった。今、Yは浜松にいる。18:30。とりあえず呼んでみようと電話をかけた。「片道代を俺とTとAで出すから来い」と伝えると「それなら確実に行くね」という返事がかえってきた。日本地図で浜松と埼玉との距離を確認してほしい。いつも思うことだけど、この展開は正直おかしいと思う。

 Yが到着するまで、P.I.を一戦、TとAは銭湯へ旅立ち俺は仮眠。目を覚ますと、ちょうどTとAが帰還し、Yがチャイムを鳴らした。23:00である。

 「交通費出すとは言ったけど、さすがにYが麻雀でボロ負けしたら考え直すよね」という話が出たため麻雀開始。マットがなかったので、桐乃のバスタオルで代用した。Yは東京へ出向く際は雀荘で旅費を稼いで帰るという取り組みを行っているので、麻雀はべらぼうに強い。とりあえずやってみると、牌の声が聞こえなかったのか、Yが四位だった。雑魚じゃん。でもまぁボロ負けというほどでもないので、500円キャッシュバックで許し、次のゲームへ。

 この頃にはもう日付が変わっていたので九日目へ続く。